良い商品が売れない?ウェブマーケティングの視点から良いものを売る方法を紹介!

彼女の紹介でビジネスオーナーの方と会うことになりました。

観光業で地域を活性化したいというアツい想いを持っていて、提供するサービスはどれも作り込まれたものです。

現状の悩みは、集客経路を旅行代理店に依存しているということ。

自分が本当にいいと思うものを提供し続けていくためには、自分で集客をしていくことが必要です。

そこで、ウェブマーケティングの経験をもとに、集客方法を少しアドバイスさせていただきました。

僕にとっては当たり前のことでも、ビジネスオーナーの方にとっては、かなり喜ばれました。

「モノはいいのに売れない」

と悩んでいるビジネスオーナーの方は多いかと思いますので、良いものが売れるようにする基本的な考えをシェアします。

結論:いい商品しか売れません!

はじめに頭に入れておいてほしいことが1点あります。
それは、「商品あってのマーケティング」だということです。

商品はビジネスの「幹」です。
マーケティングはいくら頑張っても「枝葉」に過ぎません。

商品がいいと、ちょっとマーケティング施策を行うだけで、面白いように伸びていくんです。

一度買ってくれたお客さんがリピーターになってくれたり、口コミで広げてもらえる可能性も高いでしょう。

マーケティングでできることは

「ターゲット顧客に商品の価値を理解していただくこと」

だけなんです。

いい商品の評価基準

僕がマーケティングに関してアドバイスをする際は、まずは商品を見ます。
良い商品かどうかの判断基準はシンプルです。

・誰が
・誰に
・どんな価値を提供するか?

この3点のみ。
「誰に」の部分のペルソナ(たった1人のターゲット顧客)が明確だと完璧です。

以上の点が押さえられているようなら、マーケティング施策の効果が高いといえます。

逆に、ここがあいまいな場合は、商品設計からやり直すほうがいいかと思います。

商品を買いたい顧客を見つける

商品設計ができたら、集客を行います。

「提供する商品をお金を払ってでも欲しい」

お客さんがどこにいるかを考えます。

たとえば、「高級ボールペン(1本1万円)」を売ることを考えます。

商品設計の段階でペルソナは、「個人事務所を構える美意識の高いファションデザイナー(女性・独身)」としてみましょう。

そして、

「ペルソナがどんな悩みを抱えているのか?」

を徹底的に考えていきます。

「どうして安くて高品質のボールペンでなくて、わざわざ高級ボールペンを選ぶのか?」
「高級ボールペンを持つことのベネフィット(利益)は?」

など、とにかく「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」を突き詰めていく感じです。

適切なアプローチ方法を選ぶ

高級ボールペンを買う理由は、品質や性能ではないでしょう。
おそらく「自己満足」が鍵となるかと。

高級ボールペンを持つことで、周りから素敵と思われたい。
イメージでいうと、ブランドモノのバッグやアクセサリーを身につけるのと同じ感覚。

そしたら、ターゲットに「憧れ」を持たせるような訴求が響くと考えます。

アプローチ方法としては、ターゲットが尊敬する有名デザイナーにスポンサーになってもらうのが最適かと。

この方法は効果がありそうですが、高額なスポンサー料がかかります。

リソースが限られた状況でできる方法としては、

・ブランドイメージを伝えるサイトを用意する
・インスタグラムに高級ボールペンを使うイメージ写真を投稿する
・インスタグラムでターゲットになるデザイナーをフォローする

ということから始めるかと。
実証したわけではないので、正確性は保証しかねます。

ただ、僕が実際に高級ボールペンを売るなら、この方法をとります。

良いものを買いたいお客さんは存在する

ネット環境が整備されたおかげで、良いものは売りやすくなっています。

ターゲットに刺さる商品があれば、ピンポイントで訴求することができますので。

すでに良い商品がある方は、あともう一踏ん張りかもしれません。
アプローチの方法を少し改善するだけで、ビジネスが良い方向に転がり出しますよ。

Co-creator養成講座【無料】

毎日ワクワクを感じて生きていくためには、何から始めればいいのでしょうか?

今すぐ実践できる、理想のライフスタイルを叶える考え方自由になるための仕事を作るノウハウをまとめた講座を無料で公開中!

スキルや才能がなくても時間・場所にとらわれず生きていく力を手に入れる人を増やす講座です。





関連記事

ビジネスで斬新なアイデアを生み出す!大学ノートのおすすめ活用法!

初心者でもできる起業アイデアの見つけ方!自分の悩みからオリジナルのビジネスを構築...

自分がいなくても仕事が回る仕組みの作り方!ビジネスを自動化する方法を解説!

仕事の時間がない?1日3時間で成果を出すために実践中のノウハウをシェアします!

毎日していたメール返信を週3回に減らしてみたら自由な時間が圧倒的に増えた話

「今年のクリスマスは青にします」東大阪の魔女に学ぶ斬新な発想・アイデアの出し方