バンコク移住するおすすめの方法を比較してみた!

バンコクに移住する方法は大きく2つ。
海外就職をするか、ノマドとして働くかです。

海外就職でバンコクに移住する

タイに進出している日本企業は多いです。
求人も多いので、会社員で働いていてキャリアもある方におすすめといえます。

給料も現地のタイ人よりも多いので、余裕のある生活が送れるはずです。

月20万円(60,000バーツ)くらいあれば、一人で生活するには十分ですし、月30万円(100,000バーツ)以上あればかなり余裕で暮らしていけるかと思います。

日本の転職サイトにも、タイで働く求人がたくさん出ています。
RGF HR Agentというサイトなら、タイの求人がたくさん見つかります。

海外就職は安定がメリット

タイで就職する場合は、就労ビザが手に入ります。
そのため、滞在日数を気にせずにバンコクにいられるのがメリットです。

また、毎月の収入が安定しているので、生活プランが立てやすい。
日本の給料でタイに暮らせるのは、最高ですよ。

自由がないのはデメリット

人によっては、バンコクに住みたいなら、バンコクで就職してしまうのが早いかもしれません。
働き口はたくさんありますので。

しかし、僕が個人で働くスタイルをやめて、就職をすることはないでしょう。

個人の主観ですが、会社員以上の収入が稼げて、自由なライフスタイルも手に入っているからです。

収入を伸ばして、自由も増やす働きかたって会社で働いているとほぼ不可能。

仕事をすればするほど、スキルがついて給料も上がるけど、その分自由な時間もなくなっていきます。

ノマドとしてバンコクに移住する

そんなわけで、僕はノマドとして生活する方法を選びました。

バンコクはカフェもコワーキングスペースも充実しています。
そのため、国籍問わず色々な人が働いているようですね。

ノマドといっても働きかたは色々で、

・アフィリエイター
・フリーランスデザイナー
・ドロップシッパー
・ユーチューバー
・トレーダー

という辺りが多いかなと思います。

自由が一番

なんと言っても、バンコクでノマド生活をしている人は自由です。
好きなときに働いて、好きなときに遊びに行く。

物価が安いので、生活に必要な収入ってそこまで多くないです。
なので、仕事量を調節して、プライベートを楽しんでいる印象がしました。

不安定のリスクに対処する仕組みは必要

ノマドワーカーは確かに自由です。
しかし、もちろん収入が不安定になるリスクは事前に対処しておく必要はあります。

たとえば、自分の労働時間と収入が関係ない働きかたを選ぶことです。

フリーランスとして企業と契約している働きかただと、自分が納品した仕事の分だけお金がもらえます。

収入を増やすためには、仕事をし続ける必要があります。
しかも、病気になって働けなくなったら収入はゼロです。

そのため、僕はウェブサイトを作って、継続的に収益を稼いでくれる仕組みを作っています。

はじめは大変ですが、事業が軌道に乗ってくると、かなり楽になります。

他の仕事をしていても、彼女とデートをしていてもサイトが働いて収入を運んできてくれるのはありがたいです。

安定した収益を稼ぐ仕組みを作ってノマド生活がベスト

バンコクに移住したいなら、ノマド生活が最もいいです。

アフィリエイトのように資産が蓄積されていくビジネスモデルを選べば、働けば働くほど収入と自由な時間が手に入ります。

Co-creator養成講座【無料】

毎日ワクワクを感じて生きていくためには、何から始めればいいのでしょうか?

今すぐ実践できる、理想のライフスタイルを叶える考え方自由になるための仕事を作るノウハウをまとめた講座を無料で公開中!

スキルや才能がなくても時間・場所にとらわれず生きていく力を手に入れる人を増やす講座です。





関連記事

タイランドエリートビザでおすすめプランを徹底比較!会員特典や費用を検証してみた結...

自営業(フリーランス)が大阪でタイ観光ビザを申請する方法をまとめてみた

Googleで検索しない時代に合わせて「生活のスマホ化」に挑戦しています!

バンコクでコンドミニアム生活をしてみた感想!家賃や賃貸の相場はどれくらい?

バンコクから世界へ!タイの国外を旅行して感じたことと今後の目標!

新拠点に引っ越しました!今の自分の生活を振り返ってみて感じたこと!