【思考は現実化する】自分が過去に想像していたことは、まぎれもなく今の僕だった

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」。
これは僕が人生を変えるきっかけになった本でした。

会社員として大してやりがいもなく毎日を送っていたころ。

なんとかして自分の人生を変えたくて、たまたま書店で見つけました。
本に書いてあることを血肉とするため、朝晩の通勤電車で何度も繰り返し読んでいることを思い出します。

最低20回は読んだと思います。

ナポレオン・ヒルが言っていることはとても単純です。
しかし、人生を成功させるための大切な考え方がギュッと詰まっていました。

「思考は現実化する」の概要

「思考は現実化する」はナポレオン・ヒルが書いた、自己啓発書です。
この本の特徴は、ナポレオン・ヒルが20年以上かけて成功者を調査してきた結果をまとめていることです。

しかも、「思考は現実化する」がベストセラーになり、ナポレオン・ヒル自身も成功者になっています。

「思考は現実化する」の内容を実践することで、成功する人が多いことも有名です。

思考は現実化するのポイント

「思考は現実化する」によると成功するために最も重要なポイントは、

「明確な目標があること」

です。

はっきり目標を定めれば、目標達成へ向かって無意識のうちに行動するようです。

目標をはっきりさせるというのが、本当に効果があるのか?

と最初は疑問に思っていました。
しかし、昔の僕が考えていたことを振り返ってみると、間違ってはいませんでした。

中高生時代の僕は「外の世界」を知りたかった

生きるのがしんどかったです。
学校という集団生活がイマイチ好きではありませんでした。

「常識」や「普通」じゃないことがダメだというのが、どうしても納得できずに漫然としていました。

高校に入っても、他の人たちと考え方が合わないことがコンプレックスでした。
高校と家庭という枠組みでしか、世界をしることができないことをもどかしく感じていました。

漠然と「外の世界を見てみたい!」と海外への憧れもありました。

海外留学を大学生時代に実現

外の世界を見てみたいという希望は、大学生のときに叶いました。

TOEICが450点しかなくて、英会話が全然できなかった状態から留学することができました。

今思えば、「思考は現実化」するでいわれている「目標の明確化」を無意識にしていたようです。

毎日、英語でドラマをみたり、海外の友人とメッセージのやりとりをしたりと、英語漬けの生活でした。
自分が英語で流暢に、外国人と会話する姿が、はっきりイメージされたこともあります。

大学時代の理想の働き方

大学の英語の授業でのことです。
そのときに、自分の将来どんな働き方がしたいか話すことになりました。
僕が話したのは、

「パソコン1つで世界のどこでもビジネスができる生活」
「暑いときは涼しい国へ、寒いときは暖かい国へ自由に移動できる」

というライフスタイルでした。
まさに今できている働き方です。

場所にとらわれずに働くライフスタイルを思い浮かべてから5年越しに実現しました。

望むを実現させるために、今の思考を調整しておく

僕は、思考は現実化を読んで、「自分の人生は、自分の考え方次第でコントロールできる」ということを確信しました。

社会人3年目で思い切って起業できたのも、苦しい時期を乗り越えられたのも、思考は現実化するで学んだ考え方からです。

だから、今の自分が頭の中で考え続けていることは、3〜5年後には実現します!

自分の経験からいうと、可能性が高いです。

あなたがもしも、「思考は現実化する」っていうけど本当なの?と疑問に思うなら、昔のあなたが考えていたことを思い返してみてはいかがでしょうか?

Co-creator養成講座【無料】

毎日ワクワクを感じて生きていくためには、何から始めればいいのでしょうか?

今すぐ実践できる、理想のライフスタイルを叶える考え方自由になるための仕事を作るノウハウをまとめた講座を無料で公開中!

スキルや才能がなくても時間・場所にとらわれず生きていく力を手に入れる人を増やす講座です。





関連記事

将来起業したいと思っていながら適当に就活して内定をもらった当時の僕に伝えたいこと...

日本人だけど日本が嫌いなら海外に移住して「〇〇取り」しよう!

上手い言い回しやセンスは要らない!運を引き寄せるための言葉選びのポイント

英語ができないけど海外で働きたいなら個人起業という方法もあり

セルフイメージを高めるたった1つの方法は「私はできる!」と繰り返すこと

場所を変えながらノマドとして生きていくことについて思ったこと