仕事のやりがいがない!面白くないから会社を辞めたいときに無理してはいけない理由

こんにちは、コクリエイターの中西です。

僕が会社を初めて辞めたい!と思ったのは、新入社員3ヶ月目のときでした。
会社の仕事って下働きばかりだし、「教えられることをそのままやれ」ばかりで全然頭も使いません。

「こんなつまらないことを、よくも毎日やっていられるな」

と感じていました。
僕は個人で起業していますので、仕事はとてもやりがいを感じています。
なので、

「やりがいのない仕事をしているくらいなら、自分で仕事をしてみてもいいんじゃない?」

というのが僕の考えです。

実際に会社では全然合わなくても、個人で働いたほうが自分の力が発揮できる人もたくさんいます。

ここでは、会社員生活も、起業生活もどちらも経験した僕が、仕事のやりがいについて考えたことをまとめてみました。

合わない仕事もある!

僕は仕事の適性についてかなり波のある人間です。
今の仕事のように個人で考えてやるのはかなり向いていますが、誰かの下で働くのは全く向いていません。

学生の頃から集団生活が苦痛で仕方なかったタイプでした。
会社も集団生活なので、「やっぱりな」という感じです。

具体的にいうと、

・論理的に納得できない指示は実行できない
・意味のない作業が覚えられない
・睡眠不足だと極端にパフォーマンスが落ちる
・考えたことは、行動しないと納得いかない

などなど、いわゆる「社会不適合者」です。
けれど、逆に得意なこともあります。

・アイデアを出すのは得意
・行動力がある
・わかりやすく指示を伝えたり、教えるのは得意
・興味があることには夢中になれる
・好き嫌いがはっきりしている

だから、個人で仕事をするにはかなり向いていました。
会社の仕事にやりがいのなさを感じているのなら、個人で働いたほうが向いていることもありますよ。

やりがいを求めるなら「突き抜けるまでやる」こと

人によってはやりがいのある仕事についてネガティブなイメージを持っているかもしれません。

「好きなことばかりやっていたら、自己中だし、人の役に立たないじゃん」

などと思ったかもしれません。
たしかに、やりがいを甘えを取り違えている人も中にはいます。
けれど、実際に本当にいい仕事ができる人は、自分のやりたいことばかりをしています。

好きなことをやるから、「もっとうまくやろう」と努力します。
すると、もっと人に役立つことができます。

好きなことだから、人のために必要以上のことをしても、苦痛にならないからです。

逆に、好きでもない仕事は時間の無駄です。
成長もすぐに止まってしまうでしょう。

好きなことを仕事にするのは大変です。
けれど、好きなことをやり続けることで、自分だけができる「仕事」になるんです。

「やりがい」と「甘え」はどう違う?

やりがいのある仕事をやることは、とても大切なことです。

しかし、実際にはやりがいではなくて、ただの「甘え」でしかない人もいます。
その違いはどこにあるのでしょうか?

それは、将来の目標がはっきり言えるか?どうかです。

自分がやりたいことがあって、仕事を選んでいるのなら、しんどいことでも楽しいです。

僕は、理想の仕事、理想のライフスタイルをまずは決めました。
そうすると、会社員で働くことが、自分の理想と合わなかったため、会社を辞める決心がつきました。

けれど、目標もなく、ただ「しんどいから」とか、「給料がやすいから」という気持ちで、無意味に会社を辞めていたら、ニートにでもなっていたかもしれません。

制限が全くないなら何をしたいですか?

今あなたが何となく「仕事にやりがいがない」と感じているなら、自分の将来について考えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、3年後のあなたは、

・どんな姿をしていますか?
・パートナーはいますか?
・子供はいますか?
・どこに住んでいますか?
・どんな仕事をしていますか?
・どんな人と交流していますか?
・どのくらいの収入がありますか?

などなど、自分の理想を制限なく書き出してみてください。
自分が今会社員だから、お金がないから、などは考えないことが大切です。

あなたが本当にやりがいのある仕事は、自分の心に素直になったときに初めて見つかるのですから。

理想の仕事とライフスタイルを手にいれる方法

僕は会社員のときに

「自分が本当にやりたいことは何か?」

を徹底的に考えました。
そして、理想のライフスタイルを叶えるためには、ある「1つのポイント」を意識していくことが大切だと気づきました。

・人生でやりたいことがある人
・好きなことが見つからない人
・夢の叶え方を知りたい人

は、「理想の仕事とライフスタイルを手に入れる6つのステップ」をチェックしてみてください。
社会人3年目で会社を辞め、場所や時間にとらわれず働く自由を手に入れるために僕が実践してきた考え方やノウハウをまとめています。

「理想の仕事とライフスタイルを手に入れる6のステップ」の詳細を確認する

関連記事

26歳で起業した僕が社会人3年目で会社を辞める前にしたこと

起業したいのにお金がないなら「少額」で「できることから」始めるのが大切!

「サラリーマン向いていないな」と感じた会社員の僕が社会人3年目で仕事を辞めるまで...

一人起業の成功パターンに合わせるよりも個人ビジネスで成果をあげるために大切なこと...

会社員の僕が副業しながら独立起業の準備をするときに僕が気をつけていたこと!

20代の起業は早すぎるのか?を海外ノマドの僕の視点から語ってみようと思う