杵築(きつき)の城下町を着物で散策する前に知っておくべきポイントまとめ!

こんにちは、コクリエイターの中西です。
大分県の観光名所の1つに、杵築(きつき)の城下町があります。

「日本で最も着物が似合う町」として有名です。
実際に彼女と一緒に着物をレンタルして、城下町を散策してみました。
江戸時代の城下町の雰囲気が今も残っていて、着物を着ていると自分が町に溶け込んだ感じになります。
武家屋敷に入って歩いてみると、

「当時(江戸時代)の人たちも、こうやって生活していたんだな」

と肌身で感じられました。
もちろん着物ではなくて、普段着でも町を歩いても楽しめます。
しかし、杵築を100%楽しむなら、着物で町を歩いてみるのをおすすめします。

杵築で着物をレンタルしてみた僕が、気づいたことをまとめてみました。
これから杵築に観光に行く方、着物のレンタルを考えている方はぜひ参考にしてみてください。

杵築とは?

杵築(きつき)は江戸時代に譜代大名(ふだいだいみょう)の松平家が治めていた城下町です。
譜代大名とは、江戸時代に日本を治めていた将軍徳川家の親戚の殿様のことです。

杵築の特徴は、日本唯一の「サンドイッチ型」城下町ということです。
どういうことかは、以下で説明します。

杵築には3本のメインストリートがあります。
真ん中の大通りは町人が住んでいる通りです。
両側の通りは武家屋敷になっています。
武家屋敷の通りは、山の上にあります。

つまり、

「町人住んでいる通りが、山の上にある武士が住んでいる通りに挟まれていた」

ということから、サンドイッチ型の武家屋敷とよばれるようになったそうです。

杵築は写真スポットの宝庫

「日本一着物が似合う城下町」だけあって、着物でいい写真が撮れます。

・商人の町から武家屋敷へ登る坂道
・武家屋敷
・杵築城

などなど、着物で写真を撮るためだけに行っても価値があるくらいでした。

杵築へのアクセス

杵築へは、JR杵築駅からバスで行くことができます。
杵築駅を降りると、目の前がバスターミナルです。
バスに乗って「杵築バスターミナル駅」で降りれば、杵築の城下町につきます。

注意してほしいのは、バスの本数が限られていることです。
30分〜1時間に1本のペースですので、観光時間が限られている人は、事前に調べておくことをおすすめします。

詳しい時刻が知りたい方は、杵築市観光協会のページでバスの時刻表がチェックできます。

着物がレンタルできる場所は?

杵築で着物をレンタルできるのは、和楽庵という場所です。
杵築バスターミナルから歩いて15分くらいで行くことができます。
お城と反対側、町人の町をずんずん進んでいくと見つかりました。

着物のレンタルは事前予約が大切

僕らはレンタルの予約をしていませんでした。
朝早くついたので、予約の合間で着付けをさせてもらえたからです。
しかし、運が良かっただけですので、着物を確実に着たい方は、必ず予約をすることをおすすめします。
実際に、お店の人が予約がないために、着物のレンタルをお断りしていました。

着物のレンタル料金は?

2017年5月時点では、2,400円でした。
カップル割が使えると、少し安くなります。
女性の場合は、髪飾りや日傘、手提げなどもレンタルできます。

着物で城下町を満喫したいなら午前中がおすすめ!

着物は午後4時までには返却しないといけません。
なので、町歩きをゆっくり楽しむなら、朝からレンタルしておくといいでしょう。
和楽庵は午前10時から空いていますので、お店が空いてからすぐにレンタルするのがおすすめです。

杵築はそんなに大きな町じゃないので、あまり時間はかからないんじゃないの?と僕は思っていました。

実際に歩いてみるとアップダウンのある形状。
着物と一緒に素敵な写真が撮れるスポットも多いので、思った以上に時間がかかります。
僕らは午前10時から、武家屋敷を回ったり杵築城に歩いていったりしてたら、あっという間に15時になっていました。

着物を着ていると特典が充実

着物をレンタルして杵築の城下町をあるくと、「これでもか!」というレベルで嬉しい特典がついてきます。
町の人たちが、協力して杵築の町を盛り上げようとしているようです。
たしかに、町ですれ違う人たちが着物姿なのをみると、異世界に着たような気分でした。

特典はレストランでの「割引」や「おまけ」がもらえるものでした。
そのうち2ヵ所のお店で嬉しい特典がもらえたので紹介します。

「故郷」でのドリンクサービス

故郷では、着物でお店に行くとドリンクがサービスしてもらえます。
5月ということもあり、自家製の梅ジュースが出てきました。

こちらの名物は海鮮丼です。
地元でとれた魚介類をふんだんに使っていました。
真ん中の一番大きな天ぷらはハモです。
味も満足でかなりコスパが高かったです。

杵築のレストランでは、提携店内でルールがしっかり決められています。
観光客に最高のサービスを提供しようという姿勢がすばらしいですね。

パンフレットに杵築で丼を出している提携店のポリシーが載っていました。

杵築ど〜んと丼のルール5か条

第1条
食材は地元にこだわり、「杵築」が感じられるものを提供すること

第2条
お客様を満足させる「味」とともに、オリジナリティあふれる豪華なトッピングや「香り」「音」など演出に努めること

第3条
3品以上のセットで提供すること

第4条
笑顔でお客様を迎え、おもてなしの心でサービスすること

第5条
提供店の連携を大切にし、お互いに食の追求に努めること

かなり徹底していますね。
観光地のご飯って高くて味が微妙というところもありますが、杵築ならどこのお店でも期待してよさそうです。

「お茶のとまや」でのオマケ

お茶のとまやでは、商品を購入するとちょっとしたオマケがもらえました。

手作りの抹茶飴です。
お茶屋さんが作った飴だけに、抹茶のいい香りがします。
無添加で、こだわって作っているなと感じました。

もっと杵築を知ってほしい

杵築って観光地としては、そこまで有名ではありません。
しかし、実際に観光してみると、あらゆる面でクオリテイの高さにビックリしました!

杵築に立ち寄った際は、着物をレンタルして城下町を楽しみ尽くしてくださいね。

理想の仕事とライフスタイルを手にいれる方法

僕は会社員のときに

「自分が本当にやりたいことは何か?」

を徹底的に考えました。
そして、理想のライフスタイルを叶えるためには、ある「1つのポイント」を意識していくことが大切だと気づきました。

・人生でやりたいことがある人
・好きなことが見つからない人
・夢の叶え方を知りたい人

は、「理想の仕事とライフスタイルを手に入れる6つのステップ」をチェックしてみてください。
社会人3年目で会社を辞め、場所や時間にとらわれず働く自由を手に入れるために僕が実践してきた考え方やノウハウをまとめています。

「理想の仕事とライフスタイルを手に入れる6のステップ」の詳細を確認する

関連記事

大阪のタカムラワインショップがコーヒーを販売する理由が素敵すぎる!

現代のトキワ荘は東大阪にあった!成功者が続出する奧田荘の魅力とは?

四天王寺の骨董市(フリマ)のレベルが異常に高い理由は四天王寺のビジネスセンスにあ...